2011年07月11日

法政大学アカデミー合唱団

7月10日に法政大学アカデミー合唱団のの50周年フェスティバルが開催されました。
私は、18期の卒業生ですから、その後32年も継続され、とうとう半世紀の厚みのある合唱団となりました。
大学生になって初めて音楽のサークルに入り、絶対音程には悩まされたものですが、前後、8年間もの先輩や後輩にも出会えて、学生時代最も充実した日々となりました。
今回最後に歌った「夜のうた」は
東北復興ににもつながる心の絆のうたとなりました。
この歌に出会えたことも宝となりましたね。

夜のうた
 坂田 寛夫作詞
 佐々木伸尚作曲

暗い地球に 明りが灯る
光の輪の中に 微笑みがある
さびしいけれど ひとりぼっちじゃない夜
お休み今日の日 おやすみ仲間

霧が川から 静かにのぼる
おまえの窓の灯も やさしく潤む
さびしいけれど ひとりぼっちじゃない夜
おやすみ今日の日 おやすみ仲間

大学3年のソプラノメンバー
前列左端が筆者




この記事へのコメント

19期尾崎です。
何となく見てたらこのページに行き当たりました。見覚えある懐かしい写真です。
Posted by 尾崎です。 at 2012年03月23日 23:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。